出世を望む人が多い職場での立ち位置

仕事を楽しくやっていくために最も重要なのは、その仕事が好きであるということです。それに加えて欠かせないのが職場で楽しく過ごせるということであり、無理のない人間関係を築いていくことができるという点があります。多くの職場では、円満な関係が築けるようにと互いに気を使いあって、社会人らしい関係を培っていけるものです。しかし、場合によっては自我の主張が強い人がいるために力関係が生じていて、どういった立ち振る舞いをしていくかということが仕事のしやすさに多大な影響を及ぼすこともあります。その典型的なものが、出世のための派閥争いです。会社に勤める目的が仕事そのものを楽しむことではなく、お金を稼いだり地位を高めたりすることにある人も少なくありません。そういう人たちにとって重要なのは出世であり、いかにして社内での評価を高くして上り詰めていくかということが重要になっているのです。その場合は上司に取り入るということも必要なことであり、それを目的とした人間関係の形成が行われていきます。そういう考え方を持つ人が多い会社では、派閥形成の進みが激しい傾向にあるようです。出世しそうな人との関係を早期に作り上げておくことによって、その人が出世した際に自分も出世させてもらおうといった画策が行われていきます。若手の有能な人材はその派閥の中に組み込もうとされがちであり、就職すると勧誘を受けてどの派閥に属すべきかと悩まされることになります。一度立ち位置を決めてしまえば楽になるものの、最初の決断に苦労しがちなのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.