根本的な解決策とは

職場では、少数の管理者が多くのスタッフを管理ながら組織を運営しているはずです。中間管理者は、組織のトップおよび経営陣の意思の実現や目標達成のため、スタッフたちに必要な指示を与え管理運営しています。つまり、経営者をトップにしたピラミッド型の機構の中で、それぞれの役割分担が明確に分かれており、それが機能的に動くのが職場という組織に求められているのです。組織運営を語るとき、よく比較されるのがミツバチの機構となります。彼らは、女王蜂をトップに働き蜂たちが一糸乱れぬ統率された組織で、ひたすら蜂の巣づくりを行うのです。無駄のない動きと優れた管理システムで、必要最小時間で目的の巣作りを行うといわれています。しかし、私たち人間の場合は、どうやら彼らミツバチに比べるとあまり効率的とはいえないようです。その理由は、私たちの組織には必ずウェットな人間関係が存在するからではないでしょうか。上司と部下の関係や同僚同士の関係・あるいは男女の関係など、職場にまつわる人間関係にはさまざまなドラマが生まれます。円滑な組織運営のため、上司が部下を誘って居酒屋で飲みながら憂さを晴らしたり、女性従業員とのトラブルを起こした男性スタッフを人事が密かに地方へ飛ばしたりといったことも珍しくありません。こんなことは、ミツバチの世界では決して起こらないのです。かろうじて知能の高い霊長類、例えば猿やチンパンジーの世界では、似たような現象が確認されています。組織内で問題化する人間関係に残念ながら根本的な解決策はなく、人事異動や配置換えといった物理的な対策が最も効果的だといわれているようです。和を以て貴しと為す、という解決策が最も望ましいのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.